各種産業用電熱機器 電気・熱媒体ボイラー 電熱管両頭シースカートリッジ型フランジ型遠赤外線ヒーター

技術紹介

  • HOME »
  • 技術紹介

技術紹介

曲げの技術

現在では曲げヒーターが一般的な技術になっていますが、その技術は深遠です。形状だけでなく、応力、弾性、ヒーター厚みを計算して内部の酸化マグネシウムの均一性を確保し、加熱する対象を選択し、 使用温度等 お客様とのかかわりを大切にし、ヒーターとの綿密な議論のもと、最高の形状・素材をご提供します。 必要なヒーターの量産や各種高性能設計についてはお問い合わせください。

特殊な圧着技術

両頭(シース)ヒーターの技術を利用して、半導体焼成、フィルム圧着、プレスなどのホットプレートも製造しています。鋳造とは異なり、特殊な圧着方法を使用して高効率の熱伝達を実現しています。 そして高速熱応答。 高精度な表面温度分布、平面度、熱板表面粗さをご提供します。 温度分布や熱精度に問題が発生した場合はご相談ください。

高精度温度制御技術

当社の熱媒体循環温度調整装置は、いわゆる熱媒体ボイラーですが、当社製のヒーター熱源を使用し、高精度な温度制御機能を備えています。 当社の熱媒体循環温度調整装置は、樹脂成形押出機やロール温度制御装置として、オプションの冷却機能、出口温度<0.2℃,を提供できます。 オプションの防爆仕様があり、工場の危険な場所に設置できます。 温度管理、防爆については弊社にご相談ください。

爆砕技術%e7%88%86%e7%a0%95%e6%8a%80%e8%a1%93

高圧(1〜4MPaG)、高温(180〜250℃)で爆発と呼ばれる物質の微細化を蒸気で行う装置です。 水蒸気の熱と圧力により、圧力容器内の材料が軟化します。 圧力容器内の材料を加圧・加熱し、急激に大気中に放出します。 大気開放時の高速噴射の衝撃と、材料に浸透する水蒸気の体積膨張により材料が破壊されます。 日本の安曇野工場では、食品5リットル、一般資材30リットルを導入しました。 研究に使用したい場合はご連絡ください。 ※販売機材はございません。

サービス時間 9:00 - 18:00(月~金) TEL 02-2568-3896 10457 台北市中山區南京東路二段101號10樓

PAGETOP
Copyright © 台灣熱日有限公司 Taiwan Nichinetu Co., Ltd. All Rights Reserved.